2007年04月02日

平成19年度の労働保険年度更新について


 平成19年度の労働保険の年度更新は、4月1日から5月21日までとなっています。
 なお、今年度については下記のように変更されます(される予定です)が、雇用保険料率の改定等、国会で審議中であり、未だ正式に決定されておりません。
 年度更新の申告書(概算・確定保険料・一般拠出金申告書)は例年4月1日頃に事業所宛に送付されてくるのですが、遅れているようです。改定はほぼ間違いないので、下記に変更点について記しておきます。

【今年度の変更点】

●雇用保険の料率が下がりました。
 平成19年4月1日から、以下のとおり雇用保険率が改定されます。年度更新にあたっては、平成18年度の確定保険料は旧料率、平成19年の概算保険料は新料率を使用します。

<雇用保険料率表>

改定後(平成19年度概算保険料)改定前(平成18年度確定保険料)
事業の種類保険料率事業主負担率被保険者負担率保険料率事業主負担率被保険者負担率
一般の事業15/10009/10006/100019.5/100011.5/10008/1000
建設の事業18/100011/10007/100022.5/100013.5/10009/1000

※4月以降の給与計算の際、雇用保険料の控除にご注意ください。


●石綿(アスベスト)健康被害救済のための「一般拠出金」の申告・納付がはじまります。「一般拠出金」とは、「石綿による健康被害の救済に関する法律」により、石綿(アスベスト)健康被害者の救済費用に充てるため、事業主の皆様に負担していただくものです。

    <対象事業主>…労災保険適用事業場の全事業主
    <納付方法>…労働保険料と併せて申告・納付
    <料率>…業種を問わず、一律1000分の0.05


 改正が正式に確定しましたら、お知らせします。

posted by 千葉は千葉でも@幕張本郷 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63533668
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。