2011年06月01日

6月1日。 労働保険の年度更新の時期となりました。


 おはようございます。


 6月になりました。 今年も労働保険の年度更新、保険料の申告・納付の時期が来ました。
 (労働保険事務組合に委託している事業所の方は、手続きや納入も「個別」事業所とは変わってきますが)


 労働保険(労災、雇用保険)の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間(保険年度)を単位として計算されることになっています。


 その金額は、すべての労働者(雇用保険については、被保険者)に支払われる賃金の総額に、その事業ごとに定められた保険料率を乗じて算定することになっています。


 労働保険では、保険年度ごとに概算で保険料を納付し、保険年度末に賃金総額が確定したあとに精算するという方法をとっています。


 そのため、事業主は、前年度の保険料を精算するための確定保険料の申告・納付と新年度の概算保険料を納付するための申告・納付の手続きが必要となります。 これが「年度更新」の手続きです。


 申告・納付期限は、毎年6月1日から7月10日まで(今年度は7月10日が日曜日のため、7月11日まで)の間となっています。


 5月の末から労働局より申告書の発送が始まっており、緑色の封筒で各事業所あてに送付されます。


 なお、平成23年度は、労働保険料率の改定はありません。


 申告・納付は早めに行いたいものです。
 

 また7月には社会保険の算定基礎届の提出があります。


 期限を過ぎることのないようお願いいたします。
posted by 千葉は千葉でも@幕張本郷 at 04:42| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。