2011年04月30日

5月からクールビズ


 昨日からゴールデンウイークがはじまりました。

 気候も暖かくなり、28日には練馬で夏日を記録したようです。

 数日前には強い風が吹いていましたが、過ごし易い天候となっています。

 既に報道されていますが、東日本大震災に伴う夏場の電力不足に対応するため、政府や官公庁は、毎年6月から実施している「クールビズ」を1ヵ月前倒しし、5月1日に開始し、終了時期も1カ月延長し、10月末とすることを決め、民間企業でもそれに追随する動きも出てきています。

 期間等詳細については各社違いもあるものと思われますが、軽装、ノーネクタイで勤務する姿も多く見られることと思います。

 もっとも、時期的にクールビズには寒い日もあるかと思いますし、職種などによっても対応は個人個人で違うでしょう。

 そもそも、クールビズには賛否両論あるようですが、震災や節電の現状もあります。

 「お客様に対して失礼になるのでは?」というビジネスマナーの点もありますが、今年に関しては、クールビズに対するトラブル等ないようにしてほしいですし、「あの人は節電のためのクールビズなのだな」という理解も必要ではないかなと思います。

 枝野幸男官房長官の会見では、「従来からの地球温暖化対策に加え、東日本大震災における節電実施と啓発の必要性を踏まえた」とのこと。

 夏の電力供給も心配になります。今年も昨年のような猛暑になるのでしょうか。

【記事】

 クールビズ5月1日から

 政府は27日、毎年6月から実施している夏の軽装「クールビズ」を1カ月前倒しし、5月1日に開始することを決めた。終了時期も1カ月延長し、10月末とする。衆参両院も同日、5月からの前倒し実施を決定しており、政府と国会が歩調を合わせた格好。政府の取り組みは、中央省庁と地方の出先機関職員らが対象。衆参両院は議員や職員が対象で、本会議場では上着の着用を求めている。

   (2011.4.27 産経新聞)

【記事】

 帝人、5月から10月までクールビズを実施

 帝人は27日、東日本大震災に伴う夏場の電力不足に対応するため、5月1日から10月末までの6カ月間にわたり、ノーネクタイなどの軽装を奨励する「クールビズ」を導入すると発表した。例年は6月から9月までの4カ月間だった。東京・大阪の両本社に勤務する計約3000人(関連会社を含む)が対象となる。

 震災以降、東京本社ではオフィスで昼間に照明を消したり明るさを下げるなどの節電に取り組んでいるほか、大阪本社でもビル屋上のネオンの消灯を続けている。

   (2011.4.27 産経新聞)


posted by 千葉は千葉でも@幕張本郷 at 13:31| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。