2010年09月14日

就業規則と経営理念


 昨日は、顧問先と就業規則の変更の打ち合わせの予定でしたが、社長さんに急用ができてしまったとのことで、延期となってしまいました。


 以前、会社を訪問した時に、「会社の経営理念」を書いてまとめたものがあるということで、それを送っていただきました。


 就業規則を変更する際に、必ずお聞きしているのが「会社の経営理念」です。


 そして、就業規則を作成する時も、単なる規定としてだけでなく、社長の想いなどを反映させていきたいと考えています。


 MBA用語集によると、「経営理念(business philosophy)」とは

組織の存在意義や使命を、普遍的な形で表した基本的価値観の表明。

平たく言えば、「会社や組織は何のために存在するのか、経営をどういう目的で、どのような形で行うことができるのか」ということを明文化したものである。
これによって経営者は、基本的な考え方を内外に伝えて共有化したり、社員に対して行動や判断の指針を与えたりすることができる。理念自体に社員が共鳴すれば、働くインセンティブにもなり、企業における求心力にもつながる。すなわち経営理念は企業文化を形成する主要な要素である。

経営理念の内容は、行動規範的なもの、経営の成功のための鍵や経営姿勢を示すもの、企業の存在意義を示すものなどいろいろな形で表現される。一般的には、社会、顧客、および社員の三者に関する理念が設定されることが多い。

経営理念が難しいのは、適切な設定をしても時代とともに形骸化し、現実と乖離してくることである。どれだけ優れた経営理念やビジョンであっても、その変更のタイミングを見極め、時代に合わせて方向を再設定、再定義して、新たな道を踏み出さなくてはならない。


とあります。


 微妙に違うのかもしれませんが、「社是、社訓」という言葉もあります。(ここでは経営理念とほぼ同意とします)


 大企業では、社訓や社是、創業者の理念などが飾ってあったりしますし、中小企業でも、社長の想いが強い会社は理念がまとめられていたりします。


 経営理念とは違うかもしれませんが、営業系の職場では、朝礼時に大きな声で、社是ではないにしろ、目標などを読み上げる会社も多いでしょう。


 それを意識しているのと意識していないのとでは、やはり仕事の取り組みに大きな違いが出てくると思います。


 就業規則の打ち合わせの際、「御社の経営理念は…?」と聞くと、すぐに答えが返ってくる場合とそうでない場合があります。


 実際には、すぐに答えが返ってこない場合もありますし、少し考えたうえで、「お客様第一主義…」とか当たり障りのない答えが返ってくることもあります。


 昨日、打ち合わせが延期になった会社の経営理念はものすごくよくまとめられ、結構細かく書かれていて、しかもかなりの量です。あまりたくさん書いてしまうと、逆に効果がないという可能性もありますが、私がこれまで見た中では突出していました。


 「経営理念」について当ブログで書くのもおこがましいので、ここで終わりますが、「経営理念」の意味を理解し、企業の長期的な目標を明確にし、社員が働く目的を共有できるようにすることは、本当に大事なことだと思いますし、労務管理上、就業規則の位置づけも重要なものになってくると思います。 



posted by 千葉は千葉でも@幕張本郷 at 00:00| 仕事日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。