2010年05月23日

「新卒者体験雇用奨励金」を拡充


 厳しい雇用環境が続いており、学校を卒業しても就職先の決まらない方も多くいます。


 厚生労働省は21日、卒業までに就職できず求職活動を続ける新卒者に関し、正社員採用を視野に入れ有期雇用契約を結んだ企業に支給する「新卒者体験雇用奨励金」を拡充することを発表しました。


○ 対象者
 卒業後も就職活動を継続中の大学生・高校生等(平成22年3月卒)
※ハローワークへの求職申し込みをしている方

○ 改正内容
 1.体験雇用の期間(現行は1か月)を最長3か月まで実施可能とする。
 2.新卒者体験奨励金(現行は8万円)を最大16万円支給する
(最初の1か月は8万円、2か月目及び3か月目は1か月につき4万円を支給)。

○ 改正の施行日
 平成22年6月7日


 なお、奨励金は2010年度限りの時限措置となっています。


 厚生労働省管轄の「採用」に関する助成金は、ハローワーク経由(または特定の職業紹介事業者経由)であるものがほとんどですが、事業主の中には、ハローワーク経由での採用を敬遠する方もおりますし、助成金の額も小さいこともあり、どこまで効果があるのかはわかりませんが、業種や会社によっては使える可能性もあるかもしれません。


 もちろん、助成金目当てではなく、人件費や採用の必要性を考慮したうえで判断してほしいと思います。
 


ひらめき「新卒者体験雇用事業」の拡充について(発表資料全文)(厚生労働省)
ひらめき(資料)新卒者体験雇用の見直し (パンフレット)

ひらめき新卒者体験雇用事業のご案内(平成22年2月1日施行)(厚生労働省)
 ⇒事業主の方へ
 ⇒就職先が決まっていない学生・生徒の方へ





posted by 千葉は千葉でも@幕張本郷 at 00:00| 助成金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。