2009年07月23日

協会けんぽの健康保険の保険料は9月から都道府県毎の保険料に移行します。


 協会けんぽ(全国健康保険協会)の健康保険の保険料は、現在、全国一律の保険料率(8.2%)となっていますが、2009年9月から都道府県毎の保険料に移行します。


 これは、平成18年に健康保険法が改正されたためです。


 都道府県毎の保険料率は、9月の保険料(一般の被保険者は10月納付分、任意継続被保険者は9月納付分)から適用となります。)


 現行の保険料は、全国一律8.2%です。


 平成21年9月から、千葉(支部)は8.17%となっています。


 東京(支部)は8.18%となっています。


ひらめき各都道府県支部の保険料率一覧


 40歳から64歳までの方(介護保険第2号被保険者)は、これに全国一律の介護保険の保険料率(1.19%)が加わります。


 都道府県別保険料率においては、都道府県毎の加入者の医療費の違いが保険料率に反映されます。




posted by 千葉は千葉でも@幕張本郷 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。